平屋を建てるならおすすめしたいハウスメーカー&工務店と各社の特徴を徹底解説

戸建ての住宅市場が縮小するなか、平屋住宅への人気が広がっています。

2階を必要としないシニア層はもちろんのこと、コストや見た目のおしゃれさを重視する若者世代・子育て世帯の間でも平屋を選ぶ人が増えてきています。

平屋人気の背景には、2012年度に起きた東日本大震災がきっかけとなり、災害に強く素早く建てることができる平屋が注目されるようになりました。

また、復興以外にも、平屋住宅の需要が伸び続ける背景には次のような理由が考えられています。

  • 高齢世帯の増加
  • 住宅に対する意識変化
  • 少子化による家族構造の変化

平屋住宅は階段の昇り降りが必要ないことから、もともと高齢者層の住居にニーズがあったわけですが、ここにきて20代・30代の需要が高まっています。

若者需要の背景には、マンションで過ごしていた層が戸建てを持つ場合、マンションと同じフラットな居住空間を希望するケースが多いことに加え、住宅ローンをできるだけ少なくしたいという堅実な考えから、建物の総費用を低く抑えることができるといった平屋住宅の特性が受け入れられていることが考えられます。

なお、平屋住宅の費用面に関する情報は、別記事でまとめていますので、こちらも平屋作りの参考にしてみてください。

参考平屋住宅の坪単価を徹底解説!平均相場から見える予算はどのくらい?

ここではこうした需要が高まる平屋住宅市場において、人気のあるおすすめのハウスメーカーや工務店はどこなのか、各社の平屋における特徴を交えながら紹介していきます。

この記事を読めば…

  1. おしゃれな平屋を建ててくれる今人気のハウスメーカーはどこか
  2. 各ハウスメーカーの特徴と強みは何か
  3. 平屋住宅の情報はどう集めればいいのか

以上、3つの疑問が解消できます。

データで読み解く!平屋におすすめのハウスメーカー

まずは、2018年1年間に着工された平屋住宅のデータをもとに、平屋に強いハウスメーカーを読み解いていくことにします。

2018年1年間の平屋住宅市場は、次のような状況でした。

全住宅
平屋住宅
比率
459,779棟
42,937棟
9.34%

いよいよ10棟に1棟が平屋という時代が到来するわけです。

ちなみに、各県のデータを詳しく見ると、特に九州・沖縄地方では平屋建て住宅の割合が非常に高くなっています。

都道府県
平屋建着工数
比率(%)
宮崎県
1976棟
46.4%
鹿児島県
2666棟
43.9%
熊本県
3673棟
40.6%
沖縄県
1603棟
37.8%
長崎県
903棟
24.3%

これは平屋を建てるにはそれなりの大きさの土地が必要であることから、比較的土地が豊富な地域でニーズが高まっていることが考えられます。

こうした平屋人気急増の2020年にあって、平屋を手掛けるハウスメーカーや工務店はどこがおすすめなのでしょうか。

以下では、まず2018年1年間に平屋住宅を建てた棟数が多いハウスメーカーをランキング形式で紹介します。

人気のハウスメーカー≪販売数ランキング≫

2018年における平屋建て住宅の(年間)販売数ランキングTOP15を紹介します。

順位
ハウスメーカー
平屋販売数
1
一条工務店
2608棟
2
住友林業
1940棟
3
積水ハウス
1612棟
4
タマホーム
1062棟
5
大和ハウス
700棟
6
積水化学工業
610棟
7
パナソニック
550棟
8
ミサワホーム
337棟
9
トヨタホーム
305棟
10
LIXIL住宅
300棟
11
三井ホーム
110棟
12
日本ハウスHD
99棟
13
スウェーデンハウス
71棟
14
ヤマダホーム
63棟
15
旭化成ホーム
50棟

工務店では年間30棟売れればヒットと言われる中、ハウスメーカーは全国展開している強みを生かし、近年は平屋商品の販売数を伸ばしています。

特に、ダントツで平屋住宅を販売している一条工務店は2017年もランキング1位となっていました。

一条工務店の家づくりは、別記事にて見積りを公開し、分析していますので、参考にしてみてください。

参考一条工務店の坪単価を徹底分析!日本で最も売れているハウスメーカーの真実

ちなみに、15位の旭化成ホームは3階建て住宅の販売数はランキング1位を獲得しており、平屋よりも高層住宅で強さを発揮していることが分かります。

では、販売棟数ではなく全販売数における平屋着工数の割合は、各社どうなっているのでしょうか。

平屋に強いハウスメーカー≪割合ランキング≫

先ほど紹介した≪販売数ランキング≫は、事業規模が大きな会社であれば数字が大きくなる傾向があります。

そこで、全商品に占める平屋の≪割合ランキング≫を作成しました。

これを見れば、より平屋住宅に力を入れるハウスメーカーが浮き彫りになるはずです。

では、2018年における平屋建て住宅の(年間)販売数ランキングTOP15を紹介します。

順位
ハウスメーカー
平屋割合
1
住友林業
25.7%
2
一条工務店
20.5%
3
積水ハウス
15.3%
4
パナソニック
14.9%
5
タマホーム
13.4%
6
ミサワホーム
11.4%
7
日本ハウスHD
9.8%
8
LIXIL住宅
9.2%
9
サンヨーホームズ
8.2%
10
ヤマダホームズ
8.0%
11
大和ハウス
7.8%
12
トヨタホーム
7.6%
13
スウェーデンハウス
7.6%
14
積水化学工業
6.2%
15
三井ホーム
4.3%

平屋建てを建てた≪割合ランキング≫を見ると、≪販売数ランキング≫とはだいぶ違った順位になっていることが分かります。

つまり、

  • 販売数が多いハウスメーカーは、人気の平屋メーカー
  • 割合が高いハウスメーカーは、平屋に力を注いでいる

と言えるかと思います。

平屋住宅の割合が増えているとこいうことはそれだけ会社としてもリソースを割き、商品ラインナップを充実させ、平屋住宅に関する研究にもお金を注ぎ込んでいます。

そういった意味では、平屋住宅の割合が高いハウスメーカーほど「平屋を建てたい」と伝えた時、大きくバックアップしてくれる可能性が高いでしょう。

特徴から読み解く!平屋におすすめのハウスメーカー

ここでは上で紹介した2つのランキングから見えてきた「平屋に強いハウスメーカー」に注目し、平屋を建てるに当たって一度は検討したいおすすめのハウスメーカーを紹介します。

はたして、平屋に力を注いでいるハウスメーカーはどのような特徴をもっているのでしょうか。

住友林業の平屋商品

平屋の販売割合が最も高いハウスメーカーである住友林業は、他のハウスメーカーに先駆け、2003年には平屋に特化した商品「GRAND LIFE(グランドライフ)」を発売しています。

その後、平屋の販売数をぐんぐんと伸ばしてきました。

住友林業の平屋「グランドライフ」は、4種類のプランニングを提示し、単調になりやすい平屋の家づくりにあって、多くの選択肢を顧客に提供することができるという特徴を売りにしています。

出典:住友林業HPより

住友林業では、2階建てを平屋建てにした場合、どのようなメリットがあるのかを図を用いて視覚的に分かりやすく訴求してくれます。

間取りのプランニングについても上図のようなI型・L型・コ型・ロ型の4つの分類から、顧客が平屋に何を求めるかによって形を変え、要望を実現するための間取りや空間の使い方を提案してくれます。

現行の平屋住宅の商品は「グランドライフ」となっていますが、今年度からは「グランドライフ テラススタイル」という効率的な導線や自然との一体感を重視し、より一層提案できる幅を広げています。

住友林業の平屋住宅に関しては、実際に家を建てた施工主に話を聞き、さらに詳しく記事を作成しましたので、そちらも参考にしてみてください。

【2020年】住友林業の坪単価を徹底分析!住友林業が平屋に強い理由はコレだ!

一条工務店の平屋商品

一条工務店は、平屋の≪販売棟数ランキング≫でここ数年1位を獲得し続けている平屋住宅界の王者といえるハウスメーカーです。

一条工務店では、各社が平屋に特化する商品を発売する中で、一つ一つの商品の個性をそのまま平屋に活かした家づくりを展開しています。

というのも、一条工務店というハウスメーカーの強みである「夢発電」という大容量太陽光発電を搭載するシステムは、屋根の面積が大きくなる平屋と相性が良く、「全館床暖房」や「高気密・高断熱」という特徴も光が届きにくく寒くなりがちな平屋のデメリットを解消してくれます。

つまり、太陽光発電収益が得られ、平屋のデメリットを克服することができるという特徴を持ったハウスメーカーとなっているのです。

平屋で後悔する人はどんな人?

ここまで平屋市場をデータや各社の特徴から読み解いてきました。

新築で注文住宅を建てる際、平屋住宅には建築費用を抑えることができるという大きなメリットがあります。

【2020年】平屋住宅の坪単価を徹底解説!平均相場から見える予算はどのくらい?

とはいえ、平屋にも2階建て住宅とは違う様々なデメリットが存在しているため、注意が必要です。

平屋のデメリットについては、別記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

平屋にして後悔する人が続出!?平屋のメリット&デメリットを一級建築士が徹底解説!

平屋住宅に特化した最新情報を知る方法

平屋住宅は、日本人のライフスタイル変化や災害に強いことから市場拡大を続けています。

その一方で、まだまだ発展途上な市場であるため、平屋に特化した情報をネットはもちろん専門誌で探すのは骨が折れる作業となっています。

そこで最後に平屋住宅に特化した最新情報を提供してくれるだけでなく、あなたの平屋での家づくりをサポートしてくれるサービスを紹介します。

あなたの住んでいる町に密着した地元工務店から全国展開する大手ハウスメーカーまでの多くの注文住宅会社から≪完全無料≫で平屋に特化した最新情報を得られ、気に入った会社があなたの要望を聞き、間取り作成から見積り作成まで提案してくれる画期的なサービス、それが town life(タウンライフ)の平屋サービスです。

おすすめtown life 平屋づくりサービス

town life(タウンライフ)平屋づくりサービスでは、自分が叶えたい家づくりの要望を入力することで

  • 全国600社から要望に沿った見積書提案
  • 要望に沿った平屋住宅の間取り提案
  • 平屋住宅の各社最新情報

などなど様々なサービスをで受けることができます。

さらに、ここで紹介しているタウンライフのサービスは≪完全無料≫はもちろん、メールアドレスがあれば利用でき、登録したことで車の一括買取サービスのように一斉に各社の営業から電話がかかってくるということはありません。

 

このサービスの何がおすすめなのかというと、各社から平屋住宅における

見積りと間取り

を提案されるということと

平屋の最新情報

が得られるということです。

 

家づくりにおいて、大幅な値引きを引き出すには、他社の相見積りを提示することで競合している他社の存在をちらつかせることが重要になります。

さらに、本来なら途方もなく時間を掛けることでようやく実現する自分の家づくり要望を叶えてくれるハウスメーカーや工務店に簡単に出会うことができます。

さらにさらに、各ハウスメーカーや工務店から平屋に関する最新情報をGETできるわけですから、利用しない手はありません。

  • 大手ハウスメーカーがいいのか、地元の工務店がいいのか、悩んでいる
  • そもそも平屋でどんな家が建てられるかとりあえず知りたい
  • 一生に一度の買い物で最大限の値引きと最大限のサービスを受けたい

こんな方にこそtown lifeのサービスを利用していただき、まずは気軽に平屋に関する情報を集めてもらうことから家づくりの一歩を踏み出していただきたいと思っています。

完全無料!平屋の最新情報をGET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です