一条工務店の坪単価を徹底分析│2019年最も売れているハウスメーカーの真実

2019年最も売れている注文住宅「i-smart」を筆頭に、破竹の勢いで急成長を遂げている一条工務店に関する悪い評判・口コミを、我が家が実際に一条工務店で家を建てた際に得たデータを元に分析していきます。

特に、この記事では、一条工務店の評判・口コミの中でもよく見聞きする「平屋」「夢発電」「全館床暖房」などを坪単価という切り口から分析していくことにします。

私自身、一条工務店の本社がある浜松市に住んでいたことから、家を建てるなら一条工務店にお願いしたいとずっと考えてきました。

ここでは念願かなって一条工務店で家を建てた我が家の情報を惜しげもなく紹介しながら、2019年最新の一条工務店坪単価やその人気の秘密に迫ってみたいと思います。

一条工務店の坪単価を計算するにあたり

まずは、我が家が一条工務店に支払った総費用と建坪数から我が家の坪単価を算出してみたいと思います。

我が家が一条工務店でマイホームを手に入れるために払った総額は

33,724,334円

です。ちなみに、この約3400万円という金額に土地代は含まれていません。詳細な内訳は以下で説明します。

そして、我が家の建坪(施工面積)は

110.9㎡≓33.6坪

となっています。

一条工務店の坪単価~総支払額編

つまり、これらをもとに一条工務店で建てた我が家の坪単価を計算すると

1,003,700円/坪

となりました。

なんとビックリ、土地代以外に掛かった費用をもとに我が家の坪単価を計算したところ、なんと驚異の坪単価100万円オーバーとなりました。

いやはや、改めて家造りに掛った費用をみると、これからの住宅ローン返済生活が恐ろしく感じてしまいます。

とはいえ、この総支払額には家造りに伴う様々な費用がすべて合算されているため、一般的に使われている「坪単価の計算方法」とは大きく異なっている点は大いに注意が必要です。

そこで、我が家の家作りの総費用約3400万円の内訳と金額を整理しつつ、一般的に言われる坪単価についても算出してみたいと思います。

一条工務店の坪単価~一般編

まずは、マイホームを建てるにあたり発生した費用(土地取得代を除く)約3400万円の内訳と金額を紹介します。

内訳を見ていただくと分かるように、我が家は太陽光発電システム約10kWを採用しています。

また、外構工事については家以外の工事費用であるため、一般的な坪単価計算方法では費用から除外して計算する必要があります。

そこで、この2つの費用を総支払額から引いた金額をもとに坪単価を計算することにします。

総費用から太陽光発電システム及び外構工事に掛った費用を差し引いた金額は

26,148,934円

となり、この金額を基準に坪単価を再び計算すると

778,242円/坪

となります。

こうして算出された坪単価はグーっと下がり、約78万円/坪となりました。

一条工務店の坪単価~最も参考になる編

ここでもう少し我が家の家造り総費用を詳細に見てみると、我が家は一条工務店の標準仕様外の工事、いわゆる「オプション」に約270万円という金額を支払っていることが分かります。

そこで、我が家が採用したオプションとその費用からもう少し踏み込んだ坪単価を算出してみることにします。

何とも分かりにくいかと思いますが、我が家のオプションは、大きく以下の2つの内容に分類することができます。

  1. 地盤補強費用
  2. 標準仕様からのグレードUP費用

地盤補強費用は、家を建てる地盤によってその費用は大きく異なってきます。

また、標準仕様からのグレードUP費用の中には私たち夫婦がこだわったことによって発生している項目が含まれています。

つまり、これから家を建てる方によっては参考にならない部分というわけです。

そうした我が家独自のオプション項目と費用をピックアップしてみたものが以下になります。

繰り返しになりますが、地盤工事費用は土地の状態によって大きく変化します。

カップボード・トイレ・テレビボードは標準仕様で満足できる方には不要な出費となります。一言添えておきますと、一条工務店は標準仕様の品質が非常に高く、オプションでグレードを上げる方は決して多くはないそうです。

こうした我が家独自の費用をさらに差し引いた状態で、坪単価を再計算しておくことにします。

ここで紹介したオプション費用を引いた金額を算出すると

24,487,134円

となります。この金額を基準に坪単価を再び計算すると

728,734円/坪

となります。

この坪単価こそ、これから一条工務店で家を建てられる方に参考にしてほしい目安になっているかと思います。

一条工務店の2019年における最新情報

我が家が実際に一条工務店で家を建てた費用を様々な視点から分析してきました。

とはいえ、我が家のデータだけでは一条工務店の坪単価を語るには情報量が少ないかと思いますので、ここでは一条工務店の最新情報をもとに一条工務店の坪単価をご紹介していくことにします。

受注商品ランキング1位獲得

各ハウスメーカーの商品別月間受注棟数ランキングでは、2016年度に引き続き一条工務店の「i-smart」が首位となっています。

各社の収支報告などからの推定値ですが、直近の月間受注棟数ランキング上位は以下の通りです。

一条工務店の「i-smart」がダントツの首位であることが分かります。

夢発電や全館床暖房など他社とは異なった商品や販売戦略を採用し、差別化に成功してきた一条工務店ですが、ここ最近は空調にも力を入れ始めています。

平成の終わりごろから大躍進を遂げ、令和になってからもさらなる人気を呼び起こすであろう一条工務店ですが、どういった客層が一条工務店には訪れているのでしょうか。

一条工務店の平均的な坪単価

こちらのグラフが一条工務店の最新情報(新築価格の平均金額と床面積の平均値)から算出した坪単価の平均値になります。

最新の客層を見ると、年々一条工務店で家を建てる総費用は上昇している一方で、建坪数は減少していることが分かります。

そして、平成30年度1年間に一条工務店で家を建てた方の平均坪単価は約65万円と分かります。

また、費用を抑えて家を建てている方の坪単価目安は約47万円/坪、オプションなどを積極的に採用する富裕顧客層の坪単価は約83万円/坪となっており、幅広い客層が一条工務店に訪れていることが分かります。

これを見る限り、わが家のオプション込み坪単価77万円は平均の少し上くらいということですね。

さて、昨年度最も売れたハウスメーカーである一条工務店ですが、ここまで坪単価という視点からその人気の理由を探ってきました。

こうして坪単価をまとめてみて分かったことは、一条工務店は標準仕様でも十分に高品質の家であるということと、幅広い顧客層に対応しているということでした。

これから一条工務店でマイホームを建てようと考える方は、ここで紹介した情報をもとに検討してみてください。

あなたに合ったハウスメーカーの選び方

一条工務店で家を建てたわが家の坪単価を様々なパターンで算出してきましたが、「坪単価」という指標はざっくりとした資金計画を立てる上では参考になる反面、あくまでひとつの目安にしか過ぎないことが本記事を通じ、分かっていただけたかと思います。

そして、他社の坪単価が知りたいという方は、次の記事が参考になるはずです。

【2019年最新】坪単価一覧をハウスメーカー15社で徹底図解!

夢のマイホームを手に入れるためにあなたが支払わなければいけない金額は、あなたが叶えたい家の広さや間取り、取り入れたいオプション設備によって、大きく下がることもあれば上がることにもなります。

ここで紹介した坪単価をひとつの目安としてマイホーム資金の計画に参考にしてもらったならば、次のステップはあなたの叶えたい家に必要なより正確なマイホーム費用の把握になります。

一条工務店にすでに決めているという方はぜひ展示場へ足を運んでいただきたい訳ですが、まだハウスメーカーをどこにしようか検討されている方は、あなたが実現したいマイホームの仕様(間取りや設備、こだわりたい場所など)を聞いたうえで、各ハウスメーカーから見積もりを出してもらう必要があります。

そして、そうした見積もりを各ハウスメーカーを比較しやすい形で提示してくれる無料サービスがあるのをご存知でしょうか。

town life(タウンライフ)を利用すると、あなたの住んでいる地元密着の工務店から全国展開する大手のハウスメーカーまで600社以上からあなたの家造りに必要な資金計画書をより正確になんと≪無料≫で手に入れることができます。

家づくりを検討している方の多くが、town lifeオリジナル家づくりプランから家づくりを利用しています。

ここで申し込み手順を紹介します。

STEP.1
town life公式HPへアクセスする
STEP.2
家を建てる予定の地域を選択する
 
STEP.3
オリジナル家づくり計画書作成依頼フォームへ入力
依頼フォームでは

  1. 希望する間取りの情報
  2. 土地や資金計画の情報
  3. 名前などのお客様情報
  4. 興味のあるハウスメーカーを選択
以上の4点を入力し、送信ボタンをクリックします。(約5分で終わります)

家づくり計画書はあくまで「計画」ですので、この時点ではざっくりとした希望を伝えるだけで構いません。

STEP.4
あとは待つだけ
あとはハウスメーカーごとに間取りや資金計画、各社の所有する土地情報(希望者)の提案がメールに送られてくるのを待つだけです。

STEP.5
興味のあったハウスメーカーと個別対応へ

家づくり計画書の申し込みによって、入力した電話番号に営業電話が掛かってくることはありません。各社ともお客様からのメールを待つスタンスでサービスを提供してくれます。

本来マイホーム作りの見積もりを作成してもらうには、ハウスメーカーの展示場に訪れ、ハウスメーカーの展示場を案内されながら営業トークを聞き、さらにご自身の家づくりの要望を伝えた後、何日後かにもう一度展示場を訪れ、ようやく見積書を受け取ることができます。

その後、訪問営業や電話営業といったあの手この手の勧誘をしてくるハウスメーカーや工務店も多々あります。

こうした一連の流れをいくつものハウスメーカーや工務店で実践するのは、実際かなりの労力であるため、2~3社程度の検討で力尽き、「もう、このハウスメーカーでいいかな…」と妥協してしまうのが一般的です。

とはいえ、マイホームは基本的に一生に一度の買い物です。後から「やっぱり地元の工務店をもう少し見ておくべきだったかな」や「あのハウスメーカーだったらどんなマイホームになっていたんだろう」と後悔する事にもつながります。

town life(タウンライフ)は、そうした家造りの初期段階の手間やわずらわしさを省くことができる画期的なサービスです。

インターネットサービスだからこそ実現できる600社からの一括検討を利用し、じっくりとあなたに合ったハウスメーカーを検討してみてはいかがでしょうか。



家づくり計画書の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です