ハウスメーカー別坪単価 積水ハウスの坪単価

積水ハウス坪単価を徹底分析|悪い評判「積水ハウスは高い」は本当か?

更新日:

積水ハウスに関する悪い評判・口コミを、我が家が実際に積水ハウスで家を建てた際に得たデータを使って分析してみたいと思います。

特に、この記事では、積水ハウスの評判・口コミの中でもよく見聞きする「積水ハウスの住宅は高い」という悪い評判にスポットを当て、分析しています。

私自身、積水ハウスの坪単価は他社と比べて高いというイメージを強く抱いていたため、家造り当初は全く視野に入れていませんでした。

私と同じようなイメージを抱いている方は多くいらっしゃると思うのですが、果たして、この評判は本当なのか。

本日は、積水ハウスの坪単価が高いという評判・口コミについて、見聞きしただけでは分かりえない真実に迫ってみたいと思います。

積水ハウスの坪単価を計算するにあたり

まずは、積水ハウスに支払った総費用をもとに坪単価を計算していきます。

我が家がマイホームを手に入れるために払った総額は

34,686,400円

です。ちなみに、この約3500万円という金額に土地代は含まれていません。そして、我が家の建坪は

40.94坪

です。

積水ハウスの坪単価~総支払額編

ということで、これらをもとに積水ハウスで建てた我が家の坪単価を計算すると

847,249円/坪

となります。

坪単価85万円は、確かにかなり高い単価になることはいうまでもありません。

さらに、我が家が支払うお金の総額という意味で考えるならば、住宅ローンの金利も該当します。

我が家は変動金利のため、今後の金利状況により総支払額は変化しますが、仮に現在の金利のままで、かつ35年間繰り上げ返済しないという条件で総額を算出した総額がこちらになります。

この総額約4100万円をもとに、坪単価を計算すると

1,008,093円/坪

となり、なんと驚きの坪単価100万円オーバーになってしまいました。

とはいえ、この総支払額には金利はもちろん家購入に関わる手続きなど積水ハウス以外の企業や銀行に支払った金額が加算されているため、一般的に言われる坪単価とは大きく異なることは言うまでもありません。

一般的に言われる坪単価は、純粋に施工会社(我が家では積水ハウス)へ支払われたお金の総額をもとに坪数で割った値を指しますので、改めて我が家が積水ハウスに支払った金額のみをもとに、坪単価を算出してみます。

積水ハウスの坪単価~一般編

まずは、マイホームを建てるにあたり、我が家が積水ハウス以外の会社に支払った金額を目的別に紹介します。

これらを、総支払額から引いた金額が

30,738,400円

です。この額を基準に坪単価を再び計算すると

750,815円/坪

となります。

この計算方法で算出された我が家の坪単価75万円/坪は、書籍やサイトなどで紹介されている積水ハウスの坪単価に近い値になっています。

積水ハウスの坪単価~最も参考になる編

さて、ここで注目したいのが上述した坪単価には私の個人的な趣味部屋や思い切って導入した床暖房などのオプション、太陽光発電なども含まれているという点です。

つまり、積水ハウスで家を建てる方にとって必ずしも無くてはならないものではなく、必要に応じて削減できる費用が含まれていることになります。

そこで、これらオプションなどを除いた坪単価についても計算し、紹介します。

まず我が家の独自性の強く、状況によって大きく削減できる費用が以下になります。

太陽光発電は、現在の売電価格では大きな利益につながらないため削減してもいいかと思います。

その他、外構費用や地盤改良費用は土地の状況により大きく異なる金額になりますし、趣味部屋は完全なる我が家独自の費用です。

そこで、これらを引いた金額を算出すると

25,043,180円

となります。この金額を基準に坪単価を再び計算すると

611,704円/坪

となります。

我が家の独自費用を引いたこの坪単価こそが、これから積水ハウスで家を建てられる方に参考にしてほしい目安になっていると思います。

積水ハウスの坪単価~オプション編

最後に我が家が積水ハウスで採用したオプションとその費用を紹介しつつ、それらを除いた坪単価を紹介します。

坪単価を紹介する前にこの項目を見ていただくと分かりますが、我が家が採用したオプションの多くが標準仕様をグレードUPすることで発生した費用となっています。

つまり、標準仕様の設備であれば、グレードUPに費やした金額を抑えることができます。

それを踏まえた上で、これらを引いた金額を算出すると

23,224,180円

となります。この金額を基準に坪単価を改めて計算すると

567,273円/坪

となります。

「積水ハウスの坪単価は高い」は本当か?

最終的にたどり着いた我が家の坪単価は、驚きの約57万円という結果になりました。

この坪単価57万円という金額は、中堅のハウスメーカーや工務店と比べても決して高いという金額ではありません。

とはいえ、オプションまで差し引いた金額による坪単価ですので、参考にならないと言われてしまいそうです。

しかし、本当にオプション額を引いた坪単価の算出はことは参考にならないのでしょうか。

というのも、積水ハウスの住宅において、標準仕様の商品自体が非常に高品質であり、住宅メーカーの中でも品質の高さは随一だと言われているからです。

私が積水ハウスの営業マンに伺った話では、「積水ハウスの商品は、お値段の高い・安いにかかわらず、同じ耐久性・補償内容・安全性を確保しています。」というものでした。

積水ハウスの場合、グレードUPにより向上するのはデザイン性や機能性であることが多く、積水ハウスの提供する標準仕様に納得がいくならば、最後に算出した坪単価57万円という金額も十分参考になる坪単価といえます。

では、なぜ「積水ハウスの坪単価は高い」といわれるのでしょうか。

その答えは、積水ハウスに訪れる客層にあるのではないでしょうか。これは、私が打ち合わせ時に感じたことですが、積水ハウスに訪れる客層は他メーカーに比べ、お金を持っている40代・50代の客層も多く、結果高額な家造りをされている印象を受けました。

積水ハウスというハウスメーカーはお金を出せばどのような要望にも応えてくれる家造りが可能であることも知られており、高額な家造りをされる方も多くいます。

そうした方々は、オプションや仕様変更を多く採用されるため、数百万~数千万と総支払額が向上し、結果、積水ハウスの住宅の坪単価は高額だという口コミや評判につながっていくわけです。

積水ハウスで家づくりを検討されている方へ

積水ハウスの坪単価を我が家の家造りデータをもとに分析することで見えてきたことがあります。

それは、悪い意味で「積水ハウスは高い」と考えている方は、オプション選びで失敗してしまった方なのではないか、ということです。

オプションは追加すればするほどドンドン高額化していきます。もちろん、これは積水ハウスに限ったことではありません。

つまり、そのオプションに掛かった金額と同等以上の価値があるのかをしっかり見極めることが納得できる家造りのカギになります。

標準仕様とオプションの差を見極めることこそが、積水ハウスの住宅が「高い」か、「安い」かを分ける要因なのではないでしょうか。

これから積水ハウスで家を建てた方が、必要以上に「積水ハウスの住宅は高い!」と感じてしまうことが無いように、家づくりに後悔を残さないように、この記事からヒントを得ていただけたのであれば幸いです。

当サイトでは、ハウスメーカー各社の坪単価情報を集め、記事にしています。

【2019年最新】坪単価一覧をハウスメーカー15社で徹底図解!

こちらの記事では大手ハウスメーカー15社の坪単価を一覧でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。


-ハウスメーカー別坪単価, 積水ハウスの坪単価

Copyright© 坪単価のツボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.