【見積り&実例公開】岡山県で坪単価40万円台の注文住宅はどんな感じ?

ここでは実際に岡山県で坪単価40万円台で注文住宅を建てたユリさんのご自宅の様子と見積書をご紹介しながら、岡山県で後悔しない注文住宅作りについて重要なことを紹介していきたいと思います。

まず、岡山県の昨年度1年間における持ち家着工数は5374戸。これは中国地方で最も多い着工数となっています。

そんな持ち家ブームが訪れている岡山県で、坪単価40万円台で建てることができる注文住宅はどういった感じなのでしょうか。

坪単価40万円の注文住宅・実例紹介

ここでは岡山県の地元工務店「カリモク」さんでマイホームを建てられたユリさんのご自宅の様子をWEB内覧会してみたいと思います。

果たして、坪単価40万円台で建てられたというご自宅はどのような感じなのでしょうか。

自慢のお庭

さっそく、ゆりさんにご自宅を紹介していただこうと思います。

ふかわ

ユリ

了解!では、わが家自慢の庭と玄関から紹介します。

わが家には大きなウッドデッキと石窯があって、みんなでBBQを楽しんむことができるんですよ!

ユリ

そうなんです。ユリさんのご自宅、まずは何と言ってもお庭がすごい。

ウッドデッキに自作の石焼窯があり、お庭も超広々。

休みの日には家族でBBQしたり、庭でキャッチボールをしたり。こんな暮らしができるのも戸建て住宅の特権ですね。

そして、玄関を開けると大きなシューズクロークがあります。

大容量ニューズクロークのある玄関スペース

玄関には大きなニューズクロークがあり、家族みんなの靴をすっきり収納することができます。

さらに、ユリさん一家は家族で登山やスキューバダイビングを楽しむということで、そうした趣味グッズもこの大きなシューズクローク内にしまってあります。

これだけ色々入れられる玄関収納はなかなかないですよね。

玄関ドアと同じ木材を使用していることから統一感もあり、とてもすっきりしたおしゃれな玄関でした。

キャットウォーク付き吹き抜けリビング

わが家の一押しポイントは、吹き抜け+キャットウォークです。

ユリ

ユリさんは猫を2匹飼われているということなんですが、吹き抜け部分の梁が猫たちの移動用にキャットウォークになっています。

なんと、こちらのキャットウォーク、工務店さんの粋な計らいで無料で設置してくれたそうです。

ふかわ

こうした心遣いを感じられるのも地元工務店だからこそのサービスですね。

家族が集うキッチン&リビング

わが家リビング&キッチンもちょっとだけお見せします。生活感たっぷりで、すみません。

ユリ

子供も小さく、子育ても仕事も忙しい時期ですから生活感がにじみ出るのはわが家も一緒です。

それでもかなり物が少なくすっきりしたリビング&キッチンでした。

子育て時期はどうしても物が多くなってしまう時期ですので、収納スペースがたっぷりあることは子育て世代のマイホームには欠かせない条件です。

間取りと建坪

ユリさんのご自宅の間取りを教えてください。

ふかわ

ユリ

わが家の間取りは5LDKになります。

ユリさんの家はなんと5LDK。

広さは157.0㎡(47.79坪)もあり、とても大きなマイホームです。間取りの詳細は、1階にリビングダイニング+和室があり、2階には主寝室、子供部屋が2部屋と書斎があります。

家を建てたときの家族構成は夫(41歳)、ユリさん(40歳)、お子さん(4歳)の3人家族に猫を2匹飼う明るいご家庭です。

坪単価40万円台の見積書公開

ユリ

わが家がクラモクさんに支払った住宅購入費はこちらです。

ということで、ユリさんには住宅購入費の見積書を公開いただき、その中身と坪単価について分析していくことにします。

まず、ユリさんが地元工務店であるカリモクに支払った住宅購入費の総額は

32,113,748円

ということでした。

地元工務店ということを考えるとかなり高い印象を受けますが、果たしてその内訳はどうなっているのでしょうか。

見積書の詳細

工事内容
金額
本体工事
23,072,611円
地盤改良工事
662,500円
屋外給排水工事
579,375円
建築確認申請書
448,714円
造成工事
4,079,944円
長期優良住宅認定費用
338,400円
エクステリア工事
553,408円
消費税
2,378,796円
総額約3211万円の内訳は御覧の通りです。

ユリ

この内訳の「造成工事」は農地から宅地に転用するための費用で、通常であれば発生しない費用です。

また、地盤補強にはセミパイルを用いており、地盤補強費用は当初の想定金額内で収まったそうです。

ということで、この見積書をもとに地元工務店で建てたユリさん宅の坪単価を計算してみます。

地元工務店で建てたユリさん宅の坪単価

確認すると、ユリさんのマイホームは5LDKの延べ床面積が

157.0㎡≒47.79坪

でした。そして、そのマイホームを購入するために工務店カリモクに支払った総額が

32,113,748円

とうことで、坪単価は(支払総額)32,113,748円÷(床面積)47.79坪で

67万2000円/坪

になります。

えっ…坪単価67万円ってかなり高額…

ユリ

ふかわ

ちょっと待ってください!これは注意が必要です。

坪単価の計算は注意が必要で、支払った総額を延べ床面積で割った値には、ユリさんのように農地転用といったその人特有の費用まで含まれてしまいます。

そこで、一般的には本体工事価格を延べ床面積で割った金額を用いるようになっています。

必見!坪単価の計算方法

坪単価とは何か?計算式の定義と問題点を徹底解説

ということで、ユリさん宅の坪単価をこの計算方法で算出しなおしてみると、(本体価格)23,072,611円÷(床面積)47.79坪より

48万2800円/坪

という金額になることが分かります。大幅に坪単価が下がりましたね。

ここまでユリさんにはご自宅と見積り書を公開していただき、坪単価と工務店で建てた家の様子を拝見させていただきました。

このように地元工務店の多くは坪単価40万円台でマイホームを建ててくれるところが多く存在し、ユリさんのご自宅の様子が大変参考になったと思います。

地元工務店で住宅を建てるメリット&デメリット

最後に地元工務店で注文住宅を建てた感想を伺いたいと思います。

ふかわ

ユリ

はい!これから家を建てる方に少しでも参考になるよう誠心誠意お答えします。

ということで、ユリさんに地元工務店で注文住宅を建てた感想を伺い、まとめてみました。

まず地元工務店で良かったというところは

  • 地域の特性を知り尽くした家づくり
  • 地元の木材を使用したプロ技術
  • 心温まるサービス
  • 建築価格を抑えた家づくり

という地域に根差しているからこそ可能な家づくりをしてくれた点ということです。

全国展開する大手の工務店ではどうしても過剰な設備や高額なオプションが必要になってくるケースがある一方で、地元の工務店は地域の天候や地形を理解し、オンリーワンな家づくりを後押ししてくれます。

また、値引きサービスはあまりないもののユリさん宅のようにキャットウォークやタモ材を用いた1枚板ダイニングテーブルのプレゼントなど、会話の中で施工主のちょっとした贅沢をサービスしてくれる工務店も多いようです。

他方、地元工務店で後悔しているところは

  • アフターフォローの状況
  • 使用している材質や災害に対する強度の適正
  • 費用面の信頼性が不透明
  • 設備や間取りの自由度がない

などが挙げられます。

どうしても大手と比較してしまうと、心配になってしまうアフターフォローや設備の質ですが、その価格を考えると致し方ないところはあるのかもしれません。

後悔しない地元工務店の選び方

では、地元工務店で住宅を建てる際には、どんなことに注意し、どのような視点で工務店を決定するべきなのでしょうか。

一口に「地元工務店」といってもその数は地域を絞ったとしてもかなりの数の会社が存在します。

ユリさんのように実は大手のハウスメーカーも気になるという方も多いはず。

そのため、その土地の特徴を踏まえ、かつ、施工主さんが思い描くマイホーム生活を実現する提案ができるハウスメーカーを選ぶことが後悔しない家作りにとって重要になってきます。

その際、大手ハウスメーカーは様々なケーススタディに対応できる研究力や提案力を有していることは言うまでもありません。

一方、工務店や一部の地域で展開する中小ハウスメーカーは、その地域特有の気候や災害、生活を把握しており、痒い所に手が届く提案をしてくれます。

どちらも魅力的な家作りが可能なわけですが、大手と地域に根差した工務店のそれぞれの魅力をまず一度知ることから始めるということがコンパクトな住宅を建てるうえで後悔しない第一歩になります。

とはいえ、そうした各社の魅力や提案を一つ一つ把握するには、展示場を一軒一軒周り、実際に営業から話を聞かなければいけないという莫大な労力と時間を要してしまうのが現状です。

こうした現状の中、夢のマイホームを建て、賃貸では叶えられなかった暮らしを実現することで、家族との暮らしをさらに充実させることができた家族がいる一方で、マイホームを建てたことを後悔してしまっている家族も少なからずいます。

そこで、最後にコンパクトな家づくりを進めていくうえで、おすすめしたいサービスを紹介したいと思います。

後悔しない家づくりを後押しする画期的なサービスが誕生

私はこれまで建築士として多くの施工主とお会いし、家づくりの「過程」や「その後」について生の声を聴いてきました。

ここからはそうした生の声を取材することで知ることができた後悔しない家づくりの秘訣と私自身も利用した画期的なサービスについて紹介します。

後悔しない家づくりを行うことができた人が利用している画期的なサービス、それは town life(タウンライフ)というサービスです。

おすすめtown life 家づくり

タウンライフでは、自分が叶えたい家づくりの要望を入力することで

  • 全国600社から要望に沿った見積書提案
  • 要望に沿った人気の間取り提案
  • 無理なく家を建てるための資金計画書

などなど様々なサービスを≪完全無料≫で受けることができます。

さらに、ここで紹介するタウンライフ家づくりサービスは、メールアドレスがあれば利用でき、登録したことで車の一括買取サービスのように一斉に各社の営業から電話がかかってくるということはありません。

 

このサービスの何がおすすめなのかというと、

相見積りを貰える

ということと

家づくりの選択肢を知る

ことができるということです。

 

家づくりにおいて、大幅な値引きを引き出すには、他社の相見積りを提示することで競合している他社の存在をちらつかせることが重要になります。

車にしても、家電にしても、相見積りを提示することで、販売業者はその金額以下に値引きをしてくれますよね。

それを「家」を買う場面でもやることが重要となります。

さらに、本来なら途方もなく時間を掛けることでようやく実現する自分の家づくり要望を叶えてくれるハウスメーカーや工務店に簡単に出会うことができます。

このマッチングサービスだけでもやる価値はあるわけですが、ついでに見積書までGETできるわけですから、利用しない手はありません。

  • 大手ハウスメーカーがいいのか、地元の工務店がいいのか、悩んでいる
  • そもそもマイホームに何を求めたいのかまだ形になっていない
  • 一生に一度の買い物で最大限の値引きと最大限のサービスを受けたい
こんな方にこそ、あなたが住んでいる地元に密着した工務店から最新の技術で家づくりを行う大手ハウスメーカーまでの情報と見積りをGETできるtown lifeのサービスをおすすめします。

完全無料!複数社から見積りをGET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です