平屋住宅にして後悔する人が続出!?知っておくべき平屋のメリット&デメリット





高い天井と大きなガラス窓から、平屋に憧れを持つ方も多いはず。

ですが、平屋にはメリットもある反面、デメリットもあります。

一戸建てを検討している方向けに、今回の記事では、平屋のメリット・デメリットの紹介をしつつ、平屋のデメリットを解決する設計・デザインまで解説します。

平屋住宅に住んでから「後悔した」という声をよく耳にするようになりました。

平屋に何十年と住み続けていくには、先を見越し、対策をしっかり練っておくことが重要になります。

ここでは平屋住宅に住んでいる方々の声を踏まえ、平屋のメリット・デメリットを紹介しながら、デメリットへの対応方法を紹介していくことにします。

2階建てにしようか平屋にしようか悩んでいる方にこそ伝えたい内容が詰まっています。

ふかわ

\おしゃれな平屋を建てる『秘訣』をGET/

大人気‣「平屋で家づくり計画書」って何?


平屋とは

「平屋」とは、日本でも古くから馴染みのある1階建ての住宅の事です。

空間を自由に使った立体的な屋根や、建物の中心に中庭を設置したお洒落なデザインで注目を浴びるなど、近年人気が上昇しています。

階段がないため家の中での移動や家事が楽な点や、地震などの災害にも構造的に強く、安全面においても安心できるのが魅力です。

また、平屋住宅の新築価格や坪単価について知りたい方はこちらの記事で解説しています。参考にしてみてください。

【2020年】平屋住宅の坪単価を徹底解説!平均相場から見える予算はどのくらい?

平屋と2階建てどっちがいい?

平屋と2階建てには、それぞれにメリット・デメリットがあり、資金や家族構成、年齢や自分の状況、家を建てる周囲の環境などによって、どちらがいいかは個人によります。

例えば、「広い家に住みたい」「老後も安心して暮らしたい」という思いがあるなら、広さを感じられ、階段などの移動が少ない平屋がおすすめです。

逆に、「資金を安く済ませたい」「周辺の2階建ての家からの視線を避けたい」「日当たりを良くしたい」など考えるのであれば、2階建てがおすすめです。

その他あらゆる要素を自分の状況と照らし合わせながら、自分に最適な住宅を考えるようにしましょう。

以下の記事では、実際に住友林業で平屋住宅を建て、住んでいる方の家づくりや暮らしぶりをまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

【2020年】住友林業の坪単価を徹底分析!住友林業が平屋に強い理由はコレだ!
それでは実際に平屋に住んでいる方が感じている平屋のメリット・デメリットを解説していきます。

ふかわ

平屋のメリット

まずはじめに、平屋のメリットについて簡単にご紹介します。

  1. 生活や掃除が楽
  2. 地震に強い
  3. 通気性が高い
  4. 老後も生活しやすい
  5. 家族でコミュニケーションがとりやすい
  6. 階段がない分、ワンフロアのスペースが広くとれる
  7. 平面的な広がりがでるため、家が広く感じられる

それぞれのメリットについて、細かく見ていきたいと思います。

生活や掃除が楽

平屋の中でも最も大きなメリットの1つが、日常生活や家事が楽になる点です。

2階がないため移動の動線を短くすることができ、移動や家事が効率的に進められます。

例えば、布団を干すにしても床を拭くにしても短い距離と少ない手間で行うことができます。

トイレのメンテナンスも1階だけですから、とても楽ちんです。

近年では、共働きの家庭も多く、「効率的に家事をするために平屋にしたい」と考え、平屋を選択する方が増えています。

ふかわ

掃除機を持って階段を上り下りするのって本当に大変なんですよね。

地震に強い

地震の際、建物は2階よりも3階、3階よりも4階、と高層であればあるほど、そして建物全体の重量が重ければ重いほど激しく揺れます。

そのため大地震などが来た場合でも、平屋は1階建てで重量も軽く抑えることができるため、揺れを少なくでき、倒壊や家具の転倒などが起きる可能性を軽減させることができます。

実際、平屋の需要が増え始めたきっかけは東日本大震災にあります。

震度6といったような未曾有の激しい揺れに対して、平屋という選択によって守られる命もあり、平屋の地震対応力に注目が集まることで平屋需要が伸びています。

一方で、津波や浸水が心配される地域では、2階建て以上の住宅の方が安全な場合もあります。

ご自身の住む場所がどういった災害に弱いのかしっかり把握しておく必要があります。

通気性が高い

喘息など呼吸器官が弱い方や、家の中の空気がこもっているのが嫌な方に平屋は最適です。

2階がない分、大きな窓を複数設置したり、天井を高くするなど、風通しが良くなるよう設計することができます。

近年では、2階建て住宅には、24時間換気システムなどがオプション設備として導入されています。

しかし、この設備はかなり高額になる場合もあり、24時間換気や全館空調では電気代も気になります。

平屋では通気性が高いため、こうしたシステムの導入は必要なく、住宅にも健康志向を求める顧客層から支持されるようになっています。

老後や子育ても安心・安全

平屋であれば生活のすべてをワンフロアで完結させることができるため、高齢になってからの階段の上り下りが年々辛くなる心配をする必要がありません。

また、階段がある場合、幼児の子育てにはとても気を使います。

実際に赤ちゃんが階段から転落するという事故は後を絶ちません。

また身体に障害を抱えている方にとっても、“家の構造をバリアフリー的な構造にしやすい”のも平屋のメリットです。

このように平屋住宅では、子育てから老後まで安心・安全に暮らすことができるのです。

家族でコミュニケーションがとりやすい

平屋に特化した商品を展開している住友林業やミサワホームの営業マンが、平屋住宅を販売するうえで最もアピールしてくる点がこのメリットです。

上のような間取りにすれば、家に帰ってきた家族と必ずリビングで顔を合わせることができます。

家族全員がワンフロアで生活することで顔を合わせる機会が多くなり、家族間でのコミュニケーションもとりやすくなります。

さらに、みんなが集まって快適に過ごせるようリビングを広くしたり、キッチンを料理中も会話ができる対面式にすることで、家族団らんとした雰囲気をより作りやすくなりますよ。

また、小学生までの子供がいる家庭では、家族みんなと接する機会が増え、家事や炊事の最中でも子供の面倒が見やすいなどのメリットもあります。

空間を広く使える

平屋には階段のスペースがいりません。そのため、そのスペースを違う部屋にあてることで、感覚的に広さが感じられる空間作りが可能になります。

吹き抜けにし、天井から光を取り入れることもできますし、ミサワホームのように屋根裏部屋を作り、荷物収納スペースに使うこともできます。

また、横へ横へとスペースを広げられるため縁側やウッドデッキなどを作れば、より奥行きのある空間を演出することができます。

2階建てはどうしても通路や柱の間隔が狭くなってしまいます。平屋ではそのような閉塞感をなくすことができるのも数ある魅力の中の1つ。

平屋のすべての魅力をここだけで紹介することはできないため、日常の中でも平屋の魅力をぜひ探してみて下さいね。

ふかわ

\おしゃれな平屋を建てる『秘訣』をGET/

大人気‣「平屋で家づくり計画書」って何?

平屋のデメリット

次に平屋のデメリットについてご紹介します。

  1. 防犯が心配
  2. 庭やバルコニーが作りにくい
  3. 設計やデザインが限定される
  4. プライバシーが守られにくい
  5. 2階建てより値段が高い
  6. 日当りの確保に工夫がいる
  7. 税金が高くなる
  8. 間取りに気を遣う
  9. 収納スペースが少ない

それでは1つ1つのデメリットについて解説していきます。

防犯が心配

平屋は風通しや動線の短さに優れる反面、泥棒や空き巣にとっても侵入経路が多く、建物の構造も把握しやすくて動きやすい、ともいえます。

在宅中も外からの侵入に気を配る必要がある他、侵入が難しくなるよう二重ガラスにする、センサーライトを設置する、防犯フィルムを貼るなど、随所で防犯対策が必要になります。

防災の面で言えば、近年の大型台風での被害が話題になっている水害には弱いと言えます。その土地が過去に水害の被害にあっているような土地であれば、平屋はおすすめできません。

庭やバルコニーが作りにくい

土地には容積率が決められています。例えば、100㎡の土地で容積率が250%であれば、建物の床面積は250㎡までしか建てられません。

都心の高層ビルでは、容積率は1000%というような物件もありますが、住宅地でも容積率は200%くらいのところは多いです。

容積率は土地の価格を決める要素の一つでもあるので、その土地が建てられる最大の建物を建てずに、平屋にするというのは意外と贅沢な話なんです。

同一条件での設計であれば、平屋は2階建ての住宅よりも土地の面積を使うため、場合によっては庭やバルコニーを設置するスペースが確保できないなんてことも。

もし十分な土地がないのなら、お金をかけた割にはこじんまりとした印象になってしまうこともあるため注意が必要です。

一方で、階段などのデッドスペースが生じないため、求める機能と設計上の工夫次第では無駄なスペース無く家を作ることができます。

設計やデザインが限定される

2階を作らない分、屋根の構造に制限がなく、設計やデザインも自由にできるように見える平屋ですが、逆に2階がないことで、設計やデザインが限定される場合もあります。

トイレ・お風呂・寝室・リビング・キッチンなど生活に必要なものすべてを1階に設置するのに加え、採光方法など考慮していくと、選べる設計やデザインは限定されていきます。

建築基準法では居室には採光や換気に必要な窓を設けることになっており、建物の外壁に面する必要があり、必要な居室が多い場合は平面計画に苦慮するでしょう。

日当たりの良い南面はどの敷地でも一方向しかありません。2階建てであれば、1階の南側にリビングを、2階の南側に子供部屋と寝室を、等のように配置できますが、平屋では南側に配置できる部屋に制限がでます。

仮に同じ敷地面積で2階建てと平屋を比較した場合、それぞれの部屋や庭の大きさは2階建てよりも極端に狭くなることは避けられません。

プライバシーが守られにくい

平屋のメリットのひとつとして、家族間でのコミュニケーションが取りやすいということがありますが、反面、家族間でプライベートを確保するのが難しいという面も。

階段があり、廊下がある2階建ての住宅と違って、平屋建てではホールや廊下などのスペースはあまり作れません。

それぞれの部屋に行くにはリビングを必ず通らなければならない間取りになっていることも多く、家族と遭遇する確率も高くなります。

また、リビングを通じて部屋の音が響きやすかったり、個人の行動が家族に知られやすくなります。個人のプライバシーを守りたい方に平屋は向いていません。

ただし、2階の住人の音が下階に聞こえないというメリットはあります。

余談ですが、階段が無く、廊下の少ない平屋はバリアフリーの観点では非常に優れた住宅ですが、その分、日常生活での歩行距離が減るため、足腰が弱くなりやすいという説もあります。

2階建てより工事費が割高になる

平屋は2階建てに比べて、建設費用が割高になります。

2階建ての建物の工事費の半分という訳にはいかず、建設費で高い割合を占める、水回りの費用や基礎部分の工事費は平屋でも2階建てでも変わらないので、建設費は割高になります。

他にも、狭い土地にすべての設備をいれたり、採光できる工夫作りなど設計・デザインが難しい住宅なだけにお金もそれだけかかります。

ただ大きさ自体をコンパクトな造りの平屋にするのであれば、その分施工面積も小さくなりますので費用が高くなるとは一概には言えません。

日当りの確保に工夫がいる

建物中心部が他の部屋に囲まれてしまう形状の平屋の場合、建物の中心部には陽が当たらず、暗くなってしまいます。

そうならないためにも、平屋の中心部に中庭を設けたり、天窓を設置したりするなど工夫して、採光や通風に配慮しなければなりません。

すべての部屋に天窓を設置できるのは平屋のメリットの一つかもしれませんが、天窓はメンテナンスが難しく、雨漏りなどの不具合を生じやすいので、設置するには十分な検討が必要です。

また、隣地の建物が高い建物の場合、隣地の建物の影により平屋では十分な採光が取れない場合もあります。平屋を検討するのであれば隣地の状況が将来にわたってどのように利用されるか、考えておく必要があります。

税金が高くなる

平屋にした場合、2階建ての住宅に比べて基礎工事や屋根の工事の面積が広く、建築費用がかさむため、坪単価が高くなります。

坪単価が高くなれば、土地の評価にも影響します。

土地の評価によって、固定資産税や都市計画税の納税額も決まってくるため、坪単価が高いとなれば、その分払わなければならない税金が増えることになります。

固定資産税と計画都市税は以下の方程式で求めることができます。

  • 課税標準額×税率1.4%(標準税率)=固定資産税
  • 課税標準×最高0.3%(制限税率)=都市計画税

「課税標準額」とは、国が定める固定資産評価基準に基づいて定められます。

また、「標準税率」は地方税法に規定されている通常の税率のこと。「制限税率」は、課税する場合にこれを超えてはいけない税率のことです。

例えばですが、土地の課税評価額が3,000万円だとすると、「3,000万円×税率1.4%(標準税率)=固定資産税48万円」となります。

都市計画税は「3,000×最高0.3%(制限税率)=都市計画固定資産税9万円」となります。

平屋を建てる際は、これらの維持費用等も考えながら検討しましょう。

坪単価に関しては、ハウスメーカー15社の坪単価を調査し、まとめています。

【2020年】ハウスメーカー別坪単価一覧を一目で比較!徹底解説!

平屋住宅をどのハウスメーカーや工務店で建てようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

間取りや構造に工夫が必要

生活スペースがワンフロアに凝縮されるため、寝室と水回りが近くなることがあったり、リビングやキッチンを通さずに客室に案内することができないなど、部屋の間取りや構造の工夫が必要になります。

うまく工夫さえできれば、掃除などの家事が楽になるのも平屋のメリットなので、しっかりと工夫して間取りを考えましょう。

\平屋住宅の情報を無料でGET/

大人気‣「平屋で家づくり計画書」って何?

平屋のデメリットを克服するには

メリット・デメリットがそれぞれある平屋ですが、これらはデザインや設計、土地の選び方によって改善・克服することができます。

例えば、収納スペースの不足や客間などの確保には、ロフトをつけることで対応できます。

また、風通しや採光などの問題は、建物の中心に中庭を作ることがで改善することができます。

ロフトで対応

プライバシーの確保や、収納や客間などのスペースが不足している場合は、ロフトで対応することができます。ロフトなら、2階を作る必要がなく、天井を高くすることによって、より広々とした空間にできます。

2階建ての建物に比べ天井の高さを高くできるのは平屋の隠れたメリットではないでしょうか。天井が少し高いだけで、室内の開放性はとても上がります。ただし冷暖房効率が低下するので、光熱水費は割高になるかもしれません。

例えばこちらのように、ロフトをつけて、勾配天井にすることで、開放感も高めつつ収納や客間などのスペースとして活用することができます。

中庭を作る

中心部が暗く、風通しが悪くなりがちな建築面積の広い平屋建ては「中庭」を作ることで対応できます。

中庭というと建物をロの字型にして真ん中を庭にするのを想像しますが、コの字や凹の字型などの3面を塞いだ形もあり、縁側などを設けることで、うまくすべての部屋に採光を取り入れることができます。

こちらは時刻が夕方のため、採光がわかりづらいですが、このように平屋の真ん中に空間を作ることで、家全体に外の光を入れることができます。

中庭以外にも天窓(トップライト)による採光や屋上を庭として活用するなど、平屋ならではの工夫で太陽光や自然通風を生活に取り入れることができます。

郊外に住む

平屋は周囲の環境に影響を受けやすい住宅なため、建てるのであれば郊外がおすすめ。

都心では、周囲に背の高い建物も多く、土地の値段も高いため、平屋を建てるのに十分な環境が揃いにくいからです。

もし都心にこだわる理由がないのであれば、思い切って静かでゆとりのある郊外に引っ越すのも手ですよ。

後悔しない平屋住宅の建て方

平屋住宅を建てるには、予算・土地・家族構成など、メリットとデメリットをそれぞれ自分の状況と照らし合わせた上で、どんな住宅が一番最適か考えることが大切です。

ふかわ

平屋は、家事や生活の負担が減り、家族間でのコミュニケーションもとりやすいなどのメリットがある反面、建築費用や税金が高く、また土地が狭いと設計やデザイン、間取りなども制限され、日々の生活が窮屈になるデメリットがあことをぜひ頭に入れておいてください。

そして、最後に平屋住宅を建てるにあたり、おすすめしたいハウスメーカーや工務店の見つけ方を紹介します。

平屋住宅を建てるにあたりおすすめしたいハウスメーカー。それは、やはりあなた自身の生活にあった平屋住宅を適切な価格で提案してくれるハウスメーカーです。

言葉にすることは簡単ですが、地域密着の工務店からアフターサービスが充実している大手ハウスメーカーまで全国に星の数ほどある工務店やハウスメーカーから自分自身の生活や予算に合った施工業者を見つけることは決して簡単なことではありません。

そこで紹介したいサービスが、平屋住宅に特化し、あなたの住んでいる町に密着した地元工務店から全国展開する大手ハウスメーカーから無料で希望を聞いたうえでの間取りの提案や資金計画を立案してくれるtown life(タウンライフ)の家づくり計画書というサービスです。

平屋住宅に特化した情報をもとに、何社ものハウスメーカーがあなただけの家づくりを提案してくれる画期的なサービスとなっています。

ふかわ

では、ここで申し込み手順を紹介します。

STEP.1
town life公式HPへアクセスする
STEP.2
家を建てる予定の地域を選択する
 
STEP.3
オリジナル家づくり計画書作成依頼フォームへ入力
依頼フォームでは

  1. 希望する間取りの情報
  2. 土地や資金計画の情報
  3. 名前などのお客様情報
  4. 興味のあるハウスメーカーを選択
以上の4点を入力し、送信ボタンをクリックします。(約5分で終わります)

家づくり計画書はあくまで「計画」ですので、この時点ではざっくりとした希望を伝えるだけで構いません。

STEP.4
あとは待つだけ
あとはハウスメーカーごとに間取りや資金計画、各社の所有する土地情報(希望者)の提案がメールに送られてくるのを待つだけです。

STEP.5
興味のあったハウスメーカーと個別対応へ

家づくり計画書の申し込みによって、入力した電話番号に営業電話が掛かってくることはありません。各社ともお客様からのメールを待つスタンスでサービスを提供してくれます。

本来マイホーム作りの見積もりを作成してもらうには、ハウスメーカーの展示場に訪れ、ハウスメーカーの展示場を案内されながら営業トークを聞き、さらにご自身の家づくりの要望を伝えた後、何日後かにもう一度展示場を訪れ、ようやく見積書を受け取ることができます。

その後、訪問営業や電話営業といったあの手この手の勧誘をしてくるハウスメーカーや工務店も多々あります。

こうした一連の流れをいくつものハウスメーカーや工務店で実践するのは、実際かなりの労力であるため、2~3社程度の検討で力尽き、「もう、このハウスメーカーでいいかな…」と妥協してしまうのが一般的です。

とはいえ、マイホームは基本的に一生に一度の買い物です。後から「やっぱり地元の工務店をもう少し見ておくべきだったかな」や「あのハウスメーカーだったらどんなマイホームになっていたんだろう」と後悔する事にもつながります。

そうした家造りの初期段階の手間やわずらわしさを省くことができる画期的なサービスです。

town life(タウンライフ)を利用することで、その道のプロが提案する計画書を参考にしていただき、夢の平屋住宅生活を後悔することなく送りましょう。


平屋住宅づくり計画書の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です