年収600万円の野原ひろしは3000万円の住宅ローンで家計破綻する

日本人なら誰でも知っているであろう国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」。

その主人公のしんちゃんこと、野原しんのすけの父親である野原ひろしですが、高収入のエリートサラリーマンで理想のパパだとしてネット上では崇められています。

この記事では、クレヨンしんちゃんの父・野原ひろしがもし3000万円の住宅ローンを組んでいたら野原家が家計破綻してしまうというシミュレーション結果をFP(ファイナンシャルプランナー)の視点から解説しています。

野原ひろしのキャリア

まずは、アニメ内で紹介されている野原ひろしさんのキャリアを紹介します。

  • 野原ひろし、年齢は35歳
  • 双葉商事という商社の係長
  • 年収は600~650万円
ここでは年収は650万円という設定にしていくことにします。

まずは、野原ひろしの年収650万円が、同年代のサラリーマンと比べて本当に高収入なのかを見てみることにしましょう。

野原ひろしは本当にエリートなのか

厚生労働省が毎年発表している国民生活基礎調査によると、世帯主が30代の世帯年収はこうなります。

野原ひろしと同年代の家庭における平均世帯年収は約570万円です。

このグラフは『世帯年収』ですから、当然、夫婦共働きのダブルインカムで稼いでいるご家庭も多く含まれています。

そこで、30代の男性に限定した場合の平均年収を調べてみると約450万円ほどであることが分かります。

これらのデータを見る限り、野原ひろしの年収650万円はかなりの高収入であることがよく分かりますし、彼を「エリートサラリーマン」と評しても文句を言う方はいないでしょう。

野原ひろしの年収・貯蓄・退職金

さて、ここで家族4人と1匹を支える大黒柱の野原ひろしさんのスペックを確認しておきましょう。

野原ひろしさんは35歳で年収650万円の高収入サラリーマンでした。

ここでは家計シミュレーションを行う上で、年収上昇率を1.5%とし、毎年グングンと年収を伸ばしていく理想の年収カーブを想定します。

そして、35歳時点の貯金は500万円、退職金は1500万円といずれも日本国民の平均的な金額と設定します。

野原ひろしの家族

そんなネット上では「エリートサラリーマン」とモテはやされる野原ひろしですが、アニメの中では妻のみさえさんに「この安月給が~!」と罵られ、息子の「しんちゃん」こと、しんのすけにも「足くさ、父ちゃん!」とバカにされています。

それでも、娘のひまわりちゃんをもうけ、さらには、ペットのシロまで飼う4人家族プラス1匹という野原家の立派な大黒柱なのです。

ここでは、そんな野原一家について、アニメでは決して描かれることない未来予想図を「お金」という側面から考察してみたいと思います。

野原一家に必要な家計出費

野原一家の未来予想を行うために、まずは野原一家の資産状況を探ってみましょう。

住居費用

野原家は庭付き一戸建ての持ち家で、所在地は埼玉県春日部市双葉町です。

家がある場所は、春日部駅から徒歩10分という好立地の場所にあり、推定床面積は90㎡ほどです。

そして、家の間取りは4DKの木造二階建住宅となっています。

野原家の立っている立地と同条件の土地は、購入すると2500万円ほどになり、さらに、建物の価格は、築10年ほどの中古住宅だと想定すると、1000万円程度掛かります。

つまり、野原家と同条件の住宅を購入しようと考えた場合、少なくとも3500万円ほどの住宅購入費用が必要になります。

ちなみに、中古戸建を購入する人は年収の5.3倍程度の物件を購入することが相場のようです。野原ひろしさんの年収650万円の5.3倍は3445万円ですので、ちょうど平均的な物件を購入したことになります。

自動車関連費

次に、野原家の所有する自動車について考えてみましょう。

野原家はセダンタイプの自動車を1台所有しています。

そこで、ここではトヨタのプリウスを300万円で購入し、10年ごとに乗り換えることを想定し、自動車の維持費を家計簿に計上していきます。

ちなみに、新車の買い換え年数の平均は7.1年です。車は「金食い虫」と言われる通り、保険代や車検代が高く、所有しているだけでもかなりの維持費を必要としますよね。

生活費

そして、野原一家の生活費についても考えてみましょう。生活費は総務省が発表している家計調査によると、2人以上の世帯で、食費72,866円、光熱費21,535円、日用品10,560円、被服費10,806円、医療費12,873円、通信費13,270円、教養費27,958円、雑費53,483円の合計23万8258円が一か月の生活費と必要になることが分かります。

この平均値はあくまで2人以上の世帯の平均値ですので、4人家族の野原家はもっと生活費が掛かりそうですが、みさえさんの節約っぷりに期待して、この金額を生活費として計上していきます。

教育費

続いて、主人公のしんのすけ君とひまわりちゃんの学費について見ていきましょう。

しんのすけ君にしても、ひまわりちゃんにしても同世代と比べて非常に頭の回転が良い子供であることは間違いなさそうです。

とても機転がきき、ユニークな性格の二人ですから親としては高学歴を望み、大学くらいは行かせてやりたいと考えるのではないでしょうか。

ということで、ここでは、しんのすけ君、ひまわりちゃんの2人とも幼稚園は私立、小学校・中学校は公立、高校は私立。という想定で必要な学費を計上していくことにします。

高校は授業料無償化になりましたが、授業料以外にも施設設備費や学年費、修学旅行費は無料ではありません。

そこに部活をやれば部費が掛かりますし、大学進学を考えるなら塾代だってバカにありません。そうした費用を合計すると、上の平均値では少ないくらいなのかもしれません。

そして、恐ろしいのが大学進学に伴う費用です。

ここでは、しんのすけ君は感性豊かな表現を活かして私立文系学部に進学、ひまわりちゃんは論理的な行動力を活かし、私立理系に進学することを想定していくことにします。

すると、必要な学費は次のようになります。

そして、学費以外に必要な仕送り金についても考えておきましょう。

仕送り金の全国平均金額は月額約7万1000円となっています。

しんのすけ君とひまわりちゃんの2人だと月14万円も必要になる計算になります。

授業料に加え、とてもそれほどの仕送り金を送り続けることは厳しそうなので、大学時代に必要な生活費は奨学金やアルバイトで賄ってもらうことにし、ここでは授業料のみを教育費として計上していくことにします。

ちょっと大変な気もしてしまいますが、昨今ではそうした形態と取るご家庭がほとんどのようです。

ペット飼育費

最後に、ペットであるシロに必要な飼育費を見ておきましょう。

犬を1匹飼うということはあれこれと費用が発生します。

費用を合計すると、シロのような小型犬で年間30万円ほどの飼育費が必要になります。

野原一家の未来予想図

この高スペックでここまで見てきた野原一家に必要な家計出費をもとに家計シミュレーションをしてみました。

結果は、ガーン…なんと野原ひろしさんが40歳を迎えることには貯金は底を尽き、家計破綻してしまいます。

高収入エリートサラリーマンでも、ここで想定してきた生活は身の丈を超えた生活だということになります。

恐ろしい世の中です。

野原一家に必要な年収

では、一体どれほどの年収があれば野原ひろしさんは破綻することなく老後を迎えることができるのでしょうか?

シミュレーションを重ねった結果、野原一家が赤字に転落することなく老後を迎えるためには、35歳時点で年収1000万円必要であることが分かります。

つまり、野原一家はみさえさんにフルタイムで働きに出てもらい、年収350万円以上稼いでもらわなければならないのです。

野原一家から学ぶべきこと

高収入エリートサラリーマンとして、ネット上でもてはやされる野原ひろしさんですが、その生活は決して贅沢はできない厳しいものがありました。

やはり、今の時代、家を建てたら子ども2人は諦めないといけない世の中なのかもしれません。そんな厳しい世の中で、足クサ父ちゃん野原ひろしは、どう野原一家の未来を切り開いていくのでしょうか。

さて、野原一家のシミュレーションを通じ、私たちは何を学ぶべきなのでしょうか。

それは、よほどの高年収でもない限りは、住宅の購入資金を見誤ってしまうと、人生を大きく狂わせてしまう結果になるということです。

実際、ファイナンシャルプランナーとして受ける相談の多くが、無理な住宅ローンを組んでしまったが故に、その後の生活で苦労されるご家庭の家計改善に関する相談です。

こうした相談をお受けしていて強く感じていることは、住宅を購入するに前に、実際にあなたの置かれた家族の収入状況や将来設計に沿ったシミュレーションを行うことの重要性です。

シミュレーションを行ったうえで、あなたの家族にとって適正な住宅購入資金額を見定めることは、人生で一番大きな買い物をするうえで避けては通れないことのはずなのです。

そして、こうしたシミュレーションを行うには、家作りに必要な費用に関する正しい知識を持ち、中立な立場からアドバイスを行ってくれる専門家の存在が不可欠です。

そうした住宅購入資金に関するシミュレーションを家作りのプロが中立な立場から綿密にアドバイスを行ってくれるサービスがあることをご存知でしょうか。

以下で紹介するタウンライフの住宅相談サービスは、あなたの状況に合った住宅ローンや資金計画を無料で綿密なシミュレーションを行い、提案してくれます。

各ハウスメーカーの営業マンはできるだけ高額な住宅を購入して欲しいこともあり、適正額を「年収の5倍程度」など高めに伝えてくることも多く、タウンライフ住宅相談センターのような存在が注目を集めています。

タウンライフは、以下のフォームから3分程度で終わる入力を送信するだけでアドバイザーが様々なシミュレーションを行い、あなたに合った住宅購入プランを提案してくれるサービスになっています。電話での無料相談も行っているため、入力が面倒な人にもおすすめです。

サービス利用後にしつこい勧誘の電話もないため、安心して利用できます。

こうしたサービスを利用し、あなたの状況にあった住宅購入プランをしっかり把握していきましょう。


住宅購入費用を無料でプロに相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です